建築家と建てる家の予算

ユーザー 三浦尚人建築設計工房 三浦尚人 の写真

自分たち(建て主)の住まいを建築家に設計監理を依頼するということは、いわゆる建て売り住宅やハウスメーカーなど既成の規格住宅には当てはまらず、本当の自由設計による唯一無二の住まいを望んでいると思います。 

建て主にも希望する住まいについて具体的な要望もきっとあるはずです。 

建築家は、このような建て主の要望を出来る限り反映させた住まいを設計します。
ただし、建て主の予算内でということになりますが。

そこで建築家と建てる家の予算ということになりますが、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造などといった構造によっても建設費は大きく異なりますし、平屋、二階建て、三階建てといった規模によっても異なります。
さらに延床面積によっても異なります。

また、現在では長引くコロナ禍、急激な円安、ロシアのウクライナ侵略などの影響により、建設資材や建築設備機器などが高騰しているため、以前のような価格の建設は難しい状況となっています。

以上のことを考慮すると、例えば東京都内で木造二階建ての住宅を建築家と建てる場合、最低でも坪90万円以上と考えておくべきでしょう。

尚、建築家に住宅の設計監理を依頼される場合、設計監理料が別途かかることも念頭に入れておく必要があります。