曳馬のはなれ

●設計事例の所在地: 
静岡県浜松市中区
●面積(坪): 
17.9坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

築40年という平屋17.9坪の離れをゲストハウスにリノベーション

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

一度リフォームしたのですが、荷物があふれてきて、限界を感じられたそうです。

近所の私は、犬の散歩の時、畑で作業しているお客さまと顔見知りでした。
「一度、見てくれない?」というので、お邪魔させていただきました。

なるほど、ものの行き場が、収納しにくい設計で入りきらなくなっていました。
水回りも使いづらいトイレ洗面お風呂が一体になったユニットでした。

お話をお聞きすると、たくさんの経験をされた中で、大切にされているものと時間を、
ご夫婦で、ゆっくりと穏やかに暮らすという感じが伝わってきました。

古民家再生、というよりも古い家と古き良きものを愛する感覚。

あたたかでやさしい暮らしを実現する「ビンテージハウス」に
都会的で洗練された「アーバンスタイル」をスパイスにと考えました。

その他の画像: 

設計者

ユーザー 髙橋貴大一級建築士事務所 髙橋貴大 の写真
オフライン
Last seen: 1ヶ月 1週 前
登録日: 2012-07-24 10:28