コンクリートと木造の混構造の家 「茶楽庵」

●設計事例の所在地: 
長野県東御市
●面積(坪): 
248.2㎡(75)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

ギャラリーと自宅の混合住宅の住宅部分の吹き抜けのある居間に施主のご主人が居られるところです。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

敷地が道路より高く敷地内も高低差があること。
奥様は喫茶店を兼ねたギャラリーをやりたい、又ご主人は手仕事が出来る部屋とホームシアターも欲しい。
そして明るくて快適な住居があること。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

地元の設計事務所を取材している雑誌「住まいnet信州」に載っていた私と主人の仕事をご覧になって、さらにホームページも見てくださって、我が事務所をお訪ね下さったのでした。
http://www.tok2.com/home2/atoriebakukentiku/index.htm

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

敷地の奥行きがさほど無く、その上敷地内での段差もあり、その中でギャラリー、ホームシアター、そして住宅も、という要望に答えるために、道路からのアプローチとギャラリー、ホームシアター部分はコンクリート構造とし、住宅部分は木造にするということで、構造やさんとも打ち合わせを重ねました。

その他の画像: 

高低差のある敷地にどうにか希望の条件を入れ込みながら、出来上がった外観です。
東御市で「茶楽庵」と言えば色々な方がそのギャラリーで自分の作った作品などを展示即売会で利用されているようです。

階段室からも遠くの山々が眺望できます。
ただちょっと高齢になって階段の上り下りが大変になってくるかな?という心配はありますが、、、。
逆に毎日足腰が鍛えられているとも言えますね。

ギャラリー兼喫茶コーナーです。このお店の家具もご主人が造られたのです。
この喫茶コーナーにはいつも奥様がいらして、ご自分の作品も沢山飾られています。

2階の住宅のダイニングキッチンです。食事をしながら、遠くに蓼科山が見える、楽しみなスペースです。

喫茶コーナーのカウンター席からも遠く北アルプスが見えます。

設計者

ユーザー アトリエ獏一級建築士事務所 服部弥重子 の写真
オフライン
Last seen: 5年 3週 前
登録日: 2012-07-24 10:13