西宮常盤町の家・改築工事

●設計事例の所在地: 
西宮市
●面積(坪): 
37.6
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

廊下の間仕切壁を取り払い、広いLDKの間取りに変えました。
さらに上部のスラブを抜いて、3階から屋上への階段室とペントハウスを広げて電動のトップライトを付けました。そこから、3階と2階に明るい光と風が入ります。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

廊下を挟んだ間取りは暗く、狭くて、使いにくいので、便利で明るく快適な間取りにしてほしい。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

出来るだけ、便利で快適に、そして健康に暮せるようにと、トップライトの光をふんだんに取り込み、太陽光が溢れ、風が流れる空間にと大改造しました。
その改築プランの案が気に入りました。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

1階は店舗になっており、改築前の2階にはダイニングキッチンと浴室、洗面トイレ、8畳の和室があり、暗い廊下を介して繋がっており、3階の個室3室と4.5帖の和室も中廊下で繋がっていました。
屋上は急な階段を上がって、洗濯干し場になっており、また、1階の事務所と住居の行き来は玄関から、一旦外部に出て行き来していました。

3階の床スラブを可能な範囲で抜いて吹き抜け空間を造り、屋上への階段室を広げ、そのペントハウスの屋根に開閉式トップライトを設けました。そうすることで、いつも明るく、太陽光が降りそそぎ、風の良く通る広々とした2階の居間ができました。
また、床や、テーブル、家具に、垢の木材をふんだんに使うことで、安らぎのある空間になりました。
また、事務所部分と住居部分に内階段を設け、行き来が大変便利になったので、生活に時間の余裕もうまれ、より、豊かな日々を過ごしていただけるようになったようです。

依頼者の声: 

本当に快適で、いやだと思うところがどこもありません。

その他の画像: 

ダイニングキッチン

居間から上を見上げる

居間上部のスノコ板の光を通すブリッジ廊下と階段

トップライトの階段室

居間上部のスノコ板の光を通すブリッジ廊下

改築後ダイニングキッチン

改築前ダイニングキッチン

改築前ダイニングキッチン

改築前ダイニングキッチン

設計者

ユーザー ARKSTUDIO一級建築士事務所 茶之木宏次+羽木みどり の写真
オフライン
Last seen: 20時間 15分 前
登録日: 2012-07-24 10:23