沼袋の賃貸併用二世帯住宅

●設計事例の所在地: 
東京都中野区沼袋
●面積(坪): 
58坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

中野区沼袋にたつ賃貸マンション+二世帯住宅です。西部新宿線沿いの見晴らしの良い敷地です。
角地であることを生かして,1階にタウンハウス方式でそれぞれに入口があるワンルームの賃貸マンションを4戸つくり、2,3階に別の場所にエントランスのある二世帯住宅を計画しました。外壁に壁面緑化を設けています。
http://www.yumira.com/SpaceFiles/03work/02shuugoujuutaku%20/26numabukuro/26numabukuro.html

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

いろいろあたってみたが希望の計画をみたす事務所が見あたらなかった。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

施主希望のプラニングと予算を提示したため。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

タウンハウス(長屋)形式のワンルームマンションです。玄関にはそれぞれが専用庭を持ちます。内部の仕上はコンクリート打放しとし、浴室などの水廻りはガラス貼として開放感のある空間をつくります。

その他の画像: 

打放しコンクリート仕上の外観です。壁面緑化を行い、角地に面してシンボリックな表情をつくります。

竣工後2年が経ち、壁面緑化が出来上がりました。つる性のハゴロモジャスミンを植えています。春にはピンク色の花が咲きます。

設計中に作成した模型です。

1階の賃貸住戸はタウンハウス方式です。各住戸に小さな前庭付きの玄関があります。

賃貸中個室内は打放し仕上です。
ローコストです。その分他のことにコストをかけました。

賃貸住戸の洗面浴室

オーナー住宅の玄関

住宅のキッチン廻り

階段廻り
カラフルな色彩で塗り分けました。

食事室につながるテラス
コンクリートの壁に囲まれ、空に開放されています。壁には大きな開口があり、壁面緑化のジャスミンが見えます。

設計者

ユーザー 株式会社ユミラ建築設計室 弓良一雄 の写真
オフライン
Last seen: 5日 9時間 前
登録日: 2012-07-24 10:21