三世代住宅 花壇の家

●設計事例の所在地: 
横浜市青葉区田奈
●面積(坪): 
93.5坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

みんな植物が大好きで園芸を趣味にする家族の三世代住宅です。建物全体が大きな花壇になるように考えました。異なる世代の家族が植物の緑に囲まれた環境で適度な距離をもちながら一つ屋根の下で暮らすことをイメージしています。大家族のため部屋数も多いので建物の中心に中庭を設け、そこを囲んでそれぞれの世代の家族が住み分けます。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

・ みんながいい関係で暮らせる家。
・ 親戚の人達が大勢集まる時があるので広く使えるスペースが必要。
・ 現在の庭を大切にし、植物の鉢を置く。
・ 木をたくさんつかった家。
・ 温室が欲しい。
・ 昔の大黒柱などを再利用  したい。
・ 若夫婦の玄関は独立してもうけたい。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

緑の環境づくりのため建物の延長として大きなフレームを設けました。このフレームを利用して緑化のワイヤーを取付けています。ワイヤーに絡んだ植物は、夏は広げた葉が陽避けや家族間のソフトなプライバシー確保に役立ち、冬は葉が落ちて暖かい日ざしを室内に導きます。緑化ワイヤーの緑が自然の環境装置として機能しています。また花で囲まれた外観は街なみのランドマークにもなりました。

その他の画像: 

建物廻りにフレームをもうけ、各種の植物で空間演出できるようにした。

中庭を中心に3世代の家族が住む

緑で囲まれた玄関アプローチ。

ワイヤーにつる植物を植え、緑のスクリーンをつくる。

玄関を入ると中庭の緑が人を迎える。またここよりそれぞれの世代の場へむかう。

座敷の南側の広い縁側
庭に面した広い縁側で家族が集う。

食事室
扉を開放して中庭や玄関ホールとつながる。

温室
園芸が趣味の夫婦の部屋から直接温室に入ることができる。

2階ダイニングキッチン(若夫婦)
造作の食器棚、カウンター

子供室
床、壁、天井を木材で仕上げる。開き扉はもうけず引戸の開放的なつくりとする。

設計者

ユーザー 株式会社ユミラ建築設計室 弓良一雄 の写真
オフライン
Last seen: 5日 11時間 前
登録日: 2012-07-24 10:21