タカツカビル

●設計事例の所在地: 
東京都港区西麻布
●面積(坪): 
130坪
●建物の種類(大分類): 
商業施設
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

テクスチャーの違う2つのレンガタイルを組合せ、地層の表情をつくる。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

建て主の方は横浜にご自宅があり、昔からこの地域で仕事をされている方で、テナントビルを建てて最上階に時々仕事で過ごすためのセカンドハウスをつくりたいというご希望でした。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

B1~5階はテンントスペース,最上階は住居。
テクスチャーの違う2つのレンガタイルを組合せ地層状の表情をつくる。
厚いコールテン鋼を使用し、地中に埋もれたオブジェを思い起こす表情をつくりました。
下の大地を想像し、時の積重ねの形が風景になる重厚な建物をイメージしました。

その他の画像: 

クスチャーの違う2種類のレンガタイル(フラット状とリブ状)を層状に貼って、見る位置や日差しの変化によって大地の表情が現れることを意図しています。

柱形の部分には英国の解体時にでてきた黄色い煉瓦を赤煉瓦の粉末目地をつかって積みました。

外観 見上げ
厚い鉄の板(t=20mm)を建物の地層の表情に現れるモチーフにしました。

地層断面が地上に現れている時にそこに化石があったりする表情を自然の中で目にすることがありますが、そうしたものを都心の中でも表現出来ないかと思いました。

英国の解体時にでてきた黄色い煉瓦

テナント店舗入口

エントランス扉

テナント(事務所)

最上階テラスの階段

エントランス

設計者

ユーザー 株式会社ユミラ建築設計室 弓良一雄 の写真
オフライン
Last seen: 5日 10時間 前
登録日: 2012-07-24 10:21