つなぐ家

●設計事例の所在地: 
柳川市
●面積(坪): 
43坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

道路に面している北側のファサードです。間口が狭い北側は道路から引きを取ることで、アプローチと玄関をゆとりのある空間としています。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

城下町に特有の間口が狭く細長い敷地に建つ住宅です。建物は土地の形状に沿った細長い平屋建てとし、重厚感のある大屋根を掛けて高さを抑えています。建物の中ほどに中庭のような機能を持つテラスを設けたことにより、光と風を取り込むとともに視線も抜けていき、内と外を緩やかに繋ぐ心地よい空間となりました。

その他の画像: 

和室から中庭テラスを左に見てドアを開けると、リビングダイニングへ続きます。テラスからは朝日が差し込み、爽やかな雰囲気の空間となっています。

設計者

ユーザー スペースキューブ 一級建築士事務所 梅崎照城(うめざきてるき) の写真
オフライン
Last seen: 1週 6日 前
登録日: 2015-02-10 16:24