中延の家(リノベーション)

●設計事例の所在地: 
東京都品川区
●面積(坪): 
101.48㎡(30.69坪)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

古材や建具など家の記憶を生かし、プランや設備など全面リノベーションしました。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

空き家になっていた実家を再利用したい。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

「古い建具や古材を再利用してのリノベーション」

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

子供のころ両親と暮らしていた築50年の住まい。しばらく空き家となっていた老朽化した建物を受け継ぐことに。海外生活が長かった夫婦のライフスタイルに合わせ、古材や建具など家の記憶を生かし、プランや設備など全面リノベーションしました。

依頼者の声: 

「子供の頃の家の記憶を残しつつ、快適な住まいとなりました。」

その他の画像: 

玄関

リビング。

障子や古材の再利用。

リビング。

キッチンまわり。

水回り。

リビング。

ダイニング。

雪見障子の再利用。

リノベーション前。

設計者

ユーザー 光風舎一級建築士事務所 吉原健一+宮本恵美子 の写真
オフライン
Last seen: 1年 7ヶ月 前
登録日: 2012-07-24 10:28