土壁と土間の懐かしい家

●設計事例の所在地: 
東京都国立市
●面積(坪): 
30
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

土をニガリで固めた昔ながらの土間、外壁は荒木田土にわらを混ぜて練った土壁の家です。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

柱や梁がしっかり見える、ふるさとの家のような造りの家がほしい。日本の手仕事の素晴らしさを感じながら暮らしたい。梅干しを保管するような土間がほしい。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

日本の伝統的な家造りの素材である、土壁、無垢板、瓦、土間、和紙は、建てる場所に近いところから採取・製造されたものを使いました。手仕事を体験したいとのことで、土壁は一部、依頼者ご家族で塗ってもらいました。準防火地域でも土壁にすることで、昔ながらの板張りの外壁にすることができました。

その他の画像: 

ニガリで作った土間は、ひんやりとしています。室内の湿気をコントロールする役割も。

上質な古い建具を、依頼者さんと一緒に探しました。

リビングの一角に畳コーナー。土壁は、荒壁の上に中塗りで仕上げとしました。白い腰紙は東京の軍道和紙。依頼主の希望で手漉きしてもらいました。

2階に設けた浴室は、青森ヒバの壁でいい香りがします。防水を万全にするため、ハーフユニットバスとしました。

設計者

ユーザー レインファーム一級建築士事務所 伊藤 有吉子 の写真
オフライン
Last seen: 6ヶ月 1週 前
登録日: 2015-04-14 11:50