三明町アパートメント新築計画

●設計事例の所在地: 
大阪府大阪市
●面積(坪): 
529㎡(160坪)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

外観模型

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

大阪市阿倍野区、交通量の非常に多い幹線道路沿いに建つ共同住宅の計画です。

7階建て鉄筋コンクリート造、延べ床面積は529平米。低層階は商業テナントのための貸スペース、中層階は単身者向け賃貸住宅、上層階は子育て家族向けの賃貸住宅になります。周囲からの騒音対策として、幹線道路側には各住戸のバルコニーを向けず、採光のための正方形はめ殺し窓のみを配置。

不整形な敷地形状一杯に建ち上げたヴォリュームの細部に射影変換を施し、威圧的とならざるを得ないヴォリュームに斜めの動きを与えています。都市に対し、斜に構えた要塞を据え置くように。

その他の画像: 

設計者

ユーザー 高橋功治アトリエ 高橋功治 の写真
オフライン
Last seen: 3ヶ月 2週 前
登録日: 2020-06-18 15:37