京都と海外が融合する家

●設計事例の所在地: 
兵庫県明石市
●面積(坪): 
45坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

元々、リビングと和室だった部屋を一つに繋ぎ、広いLDKとしました。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

建物は意図して、または意図せずに建築主や設計者の思いが映し出される。
また、今までの人生経験であったり、好みであったり。
そして、それを楽しめるような設計は良い設計だと思う。

約40年前に建てられ、しばらく使っていなかった家のリノベーションである。
きちんと手入れをしていたので建物の状態は良かったが、
水廻り等はシロアリの被害を受けていた。
耐震補強や耐久性を含め、次の40年間も大丈夫なように構造体の補強、補修等を施した。
建築主が京都に以前住んでおり、また海外旅行も度々行かれているので、
京都と海外の融合した別荘感のある家のリノベーションを要望された。
そのコンセプトを元に建築主と設計者がいろいろと知恵を出し合い、
そのイメージが映し出されるような計画となった。

その他の画像: 

設計者

ユーザー 田中洋平建築設計事務所 田中洋平 の写真
オフライン
Last seen: 9時間 36分 前
登録日: 2020-03-15 01:17