立川の家 

●設計事例の所在地: 
東京都立川市
●面積(坪): 
135.50㎡
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

郊外の住宅地に建つ玄関共有型の2世帯住宅になります。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

計画地は敷地面積に余裕がある為、建物周りには十分な余白を確保する事ができました。さらに周辺には高層の建物も無く陽当りも良かったので、明るい空をたくさん室内に取り込み屋外や空の広がりをより感じられるようなプランを思い描きました。
また敷地は角地になるため外部からの視線を程よく遮る必要がありました。そこで余白の 取り方や道路との間合いといった外部環境と、開放感や視線の抜けといった内部環境とのバランスを程よく保つような形を考えました。
まず内と外との中間領域となるようなインナーバルコニーを設ける事で、適度に外へ開くと同時に内では包まれる安心感を与えました。
そして内外の天井を連続させ内と外の繋がりを持たせる事で、その関係性を曖昧なものとし大らかな開放感を得られるようにしています。

その他の画像: 

設計者

ユーザー 内田雄介設計室 内田雄介 の写真
オフライン
Last seen: 8ヶ月 4週 前
登録日: 2014-06-04 10:17