デザイナーズアパート Regalo

●設計事例の所在地: 
宮城県大崎市古川
●面積(坪): 
264㎡(79.8坪)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

これからの賃貸市場を勝ち抜けるようなアパートを目指し、三角形の土地でありながら、1LDKメゾネット6戸のアパートを計画しました。
各所に工夫を凝らしたオリジナルデザインのアパートです。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

土地を有効活用するため、雁行プランの配置を検討し、オーナー様の想定以上の戸数を確保しました。同時に駐車台数も確保することができました。
デザインイメージは最初からすり合わせることができましたので、設計はスムーズに進みました。

その他の画像: 

敷地は市の中心部を流れる緒絶川と市道に挟まれる場所に位置しています。
川には藤棚が掛けられていて、視界も開けていることも意識して計画しました。

オーナー様のイメージは、黒い外壁に赤いドア。
そのカラーリングをベースにデザインしました。
セキュリティにも配慮し、スマートキー認証式の玄関ドアとして二重にロックすることが可能です。

各戸玄関には天井まであるトールタイプの姿見付きの玄関収納を設けました。
玄関が開いた時に、部屋の中まで丸見えにならないようにしています。

1階のLDKは窓側にシステムキッチンを設けることで、明るいキッチン廻りとなりました。
床材には光沢のある塩ビタイルを採用したため、反射して光が部屋の奥まで届きます。

寝室や浴室は2階にあるため、プライバシーが守られる構成となっています。
階段も光が降り注ぎます。
トイレも階段下を有効に使いました。

メゾネット住戸なので、アパートで問題になることのある上下階の音に対しても大きくアドバンテージがあります。

2階バルコニーはしっかりと軒がかかり、少し広さもあるため、景色を眺めながら利用することができます。
今回採用したアルミランダム格子は目隠しにもなり、洗濯物を干しても見えにくく女性にはありがたいのではないでしょうか。

プラン上、クローゼットが奥行きがあるので、ハンガーパイプの上段部は下に降ろすことができるものとして最大限に空間を有効活用しました。

ユニットバスは一面アクセントパネルのタイプにしました。
換気のための窓も設けた他、高級感あるシャワーヘッドを選択し、浴室スピーカーも付けたので入浴中に音楽を聴くこともできる贅沢な仕様になりました。

設計者

ユーザー 株式会社テコデザイン 小野徹哉 の写真
オフライン
Last seen: 2週 1日 前
登録日: 2012-07-24 10:27