敷地の高低差を利用した家

●設計事例の所在地: 
兵庫県西宮市
●面積(坪): 
約42坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

主たる地盤が道路から1m下がり、その奥がさらに3m下がっている敷地です。奥の敷地に鉄筋コンクリートの1階、主たる地盤に木造の2階と3階、道路レベルに玄関、という少々複雑な混構造の家です。写真は、3m下がりの地盤に作っている1階部分の施工写真です。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

敷地内の段差の利用方法や、隣接敷地の安全確保、北側斜線をどうやってクリアーするか など。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

複雑な設計の実績が多いことと、構造計算を自社で行うため、段差利用の計画が立てやすかったこと。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

現時点ではまだ施工中の家ですが、主に工夫したのは以下の点です。
・敷地内の段差を、1階分の階高として利用すること
・玄関を2階と3階の中間階として、利便性を高めること
・敷地奥(東)側の緑の景観を活かすこと
・厳しい北側斜線を狭苦しく感じさせないこと

その他の画像: 

主たる地盤から3m下がりの地盤を見たところです。

前の写真で基礎を作っていた1階の壁が立ち上がったところです。主たる地盤と高さが揃いました。ここに2階が作られます。

道路から見たところです。玄関と駐車場は道路と同じ高さに作ります。2階のリビングは半階さがりになります。
 
今後の様子は、順次追加していきます。

設計者

ユーザー 木の家プロデュース 明月社 山岸飛鳥 の写真
オフライン
Last seen: 11ヶ月 4週 前
登録日: 2012-07-24 10:19