熊取のイエ

●設計事例の所在地: 
大阪府泉南郡熊取町
●面積(坪): 
114.42㎡(34.61坪)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

外観

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

大阪南部の古いニュータウンでの建替えプロジェクト。 外観ファサードは人通りによる視線に配慮して小さめの開口のみのクローズな印象に。お施主様の好みであるこげ茶を基調としてシックな色使いでまとめた。ベースとなる外壁は水平ラインを強調したガルバリウム大波鋼板を横張り、2階部分をCBウォール工法でテクスチャーに変化をつけた。どちらも陰影が面白く採用に至った。玄関廻りのレッドシダー板張りとスクエア窓も良いアクセントになった。一方、ミニマルでシンプルな中に木の温かみが感じられるインテリア。リビングには小上がりの床があり、子供がお昼寝をしたり、おもちゃを広げたりと多目的に利用できる。建物奥に設けた庭はリビング・ダイニング・キッチンと大きなデッキで繋がる為、開放的で明るい家になった。

その他の画像: 

設計者

ユーザー Studio REI 一級建築士事務所 嶽下 康弘 の写真
オフライン
Last seen: 19時間 19分 前
登録日: 2012-07-24 10:28