三東工業社信楽本店 CLTオフィス

●設計事例の所在地: 
滋賀県甲賀市
●面積(坪): 
138(42T)
●建物の種類(大分類): 
その他
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

CLTパネル工法による事務所建築。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

CLTという新しい建材を最大限利用し、構造的にも意匠的にもCLTの可能性を探求する事が本計画の目的とされた。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

「新しい素材で新しい建築を作る為に、チャレンジ精神を持って、創造性と独創性を存分に発揮して欲しい」という事で、弊社にご依頼いただきました。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

CLT(直交集成材)による事務所建築である。滋賀県の認証県産材である「びわ湖材」を100%使用し、全て工場加工されたアーチ型のCLTパネルを連続させる事で、暖かみがある柔らかい事務空間となることを目指した。

依頼者の声: 

「CLTを構造材として使用するだけではなく化粧材としても使用しており、木の香りに包まれながら明るく暖かみのある事務所になった。CLTを使用した建築はまだ少ない為、全国から見学者が絶えない施設となっている。」というお言葉をいただきました。

その他の画像: 

エントランスを望む。厚さ150mm(5層5プライ)のCLTパネルを建築全体に使用している。

内部は、連続するアーチ状のパネルにより柔らかな執務空間となっている。

トップライトにより均質な自然光に満たされることを意識した。

CLTという新建材を説明したり、世界のCLT建築事例を展示する為の空間。壁床天井全てにCLTパネルを現しで使用している為、この空間そのものがCLTの実物展示空間となっている。

設計者

ユーザー 加藤淳一建築設計事務所 加藤淳一 の写真
オフライン
Last seen: 1ヶ月 3日 前
登録日: 2015-08-28 10:38