稲穂の家

●設計事例の所在地: 
北海道幕別町
●面積(坪): 
42
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

若い農家夫婦のための住宅として計画した。

冬場、家の中で団らんする時間が長いであろうクライアントのため、場所ごとに天井高さや仕上げ、明るさ、広さがまったく違うような設計をした。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

大きな窓のあるリビングからは、夏には作物が青々と茂る畑が一望でき、冬には足跡ひとつない真っ白な雪景色を独り占めできる。

その横には手を伸ばせば天井に手が届くほどの、落ち着いた薪ストーブスペースがあったり、天窓から光が落ちてくる吹き抜けをもつ廊下がある。

天窓から見える青空を見ながら階段をのぼると、屋根に包まれたようなサブリビングがある。

一方で、寝室には座ったときの目の高さくらいに横長の窓を設け、光がしぼられ一人で落ち着ける場所になっている。

その他の画像: 

設計者

ユーザー 安田建築設計事務所 安田 明雄 の写真
オフライン
Last seen: 1日 11時間 前
登録日: 2012-07-24 10:20