いのうえまさとし歯科医院

●設計事例の所在地: 
京都府京都市
●面積(坪): 
120.3(36.3坪)
●建物の種類(大分類): 
医療・福祉施設
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

清潔感がありながらも、落ち着いた雰囲気を出すための工夫をしています。2階は当初はスタッフの休憩室として使用していましたが、のちに特別診療室として改修し、使用することになりました。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

医院の開業にあたり、不定形な敷地形状をどのように利用するか。ターゲットが決まっていたので、その人達に印象的な外観デザインをどのようにしたらよいか。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

画廊を営んでいた、姉の紹介。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

ターゲットの層にアピールできいるような、落ち着いた漆喰調の外壁と、動きのある窓デザイン。
内装は、カラートーンを決めたデザインで統一することで、シンプルでモダンなデザインとしました。ブース高さは、立会いのもと、決めたりしたことで、ドクター使いやすい診療室になっていると思います。
現在、コロナ対応で、ブース間仕切りを延長したり、換気扇を追加工事しています。(2021年12月完了予定)

依頼者の声: 

竣工後、5年ほどして、住宅の新築を依頼され、竣工しています。

その他の画像: 

内装 間接照明等を仕込んでいます。一部、木製のパネルを使用して、温かみを出しています。

ターゲットの客層が富裕層だったこともあり、上品なデザインを心がけました。

設計者

ユーザー ピーエイチ一級建築士事務所 桑田浩光 の写真
オフライン
Last seen: 11時間 8分 前
登録日: 2016-07-22 21:34