富士山十里木のアトリエ~3坪の離れ~

●設計事例の所在地: 
静岡県裾野市
●面積(坪): 
3
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

大きな2本のもみ(たぶん)の木がある1段高いところはとても感じのよい場所です。
そこに8畳程度の木製デッキをつくり、その一部に屋根をかけた外部空間、6畳の内部空間をつくりました。
アトリエから見えるようにパワーショベルを入れたときにアシタカツツジを移植しました。
ここでの暮らし方をゆっくり考えていくのも楽しみです。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

設計者本人の住まいです。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

「OUR CABIN OUR DIY」十里木の山小屋にアトリエ棟の増築です。
山小屋は9坪と小さく、寝る・くつろぐでいっぱい。
自宅に眠る画材や陶芸材料を持ち込んだり自由に出来るスペースが欲しくなり、
アトリエの増築となりました。
詳しくはブログをご覧ください。

依頼者の声: 

つくる楽しみ、暮らす楽しさを実践しています。

その他の画像: 

3坪のアトリエです。
上部にロフト、床下収納、8畳ほどの外部テラスと一部に屋根を掛けています。
暖房はペレットストーブです。
室内は木構造表し、電気配線を鉄管現しとしました。
間口いっぱいの開口部が出入口となります。
移植したアシタカツツジが満開です。

山小屋とアトリエは木製デッキでつながります。
木製デッキはベンチとなり作業台としても利用します。

非日常生活ではあまり無駄なことはしたくないものです。
デッキ床のソーラー照明は2個1000円のもの。
アトリエには照明スイッチはありません。
工事用照明にブルートゥースで遠隔操作が出来るランプをつけました。

自然いっぱいの場所では、そのすべてを五感で感じることができます。
ちょっと面倒でも、外に出ることで思いがけない出会いがあります。

屋内、軒下、木陰。
椅子、寝椅子、ハンモック、床座り、ゴロネ
季節やその日の天気、時刻、からだや心の状態で、あれもこれもが選べるのがとても楽しい。

住まいの中に色々な部屋があるように、敷地の中に色々な場所が出来たらと思います。

設計者

ユーザー TAM建築設計室 新井敏洋 の写真
オフライン
Last seen: 1日 12分 前
登録日: 2012-07-24 10:23