平塚の家(ゴルフラウンジ)

●設計事例の所在地: 
東京都品川区
●面積(坪): 
224㎡(67坪)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

品川区平塚に建つ、猫とゴルフをこよなく愛される御夫妻の家です。
1階はゴルフラウンジと練習場、2階が住居になっています。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

・1階のラウンジと練習場はなるべく広く
・トレーニング、ボルダリングができるようにする
・2階は猫も住まうため、床や建具はペット仕様に
・猫は1階に下りられないようにしたいが、様子は確認できるようにしたい
・屋上に出られるように

依頼者があなたに依頼した決め手: 

近所で頼みやすいと思われたそうです。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

敷地は幅が狭くクランクした窓を設けにくい形状であったため、テラスや吹抜など開放的な場所を建物内に散りばめました。
重要なのは、すべての部屋に気持ちのいい光と風が入り、そして猫とゴルフがどこにいても感じられること、です。
住戸の中心にある吹抜は採光と通風、そして上と下の階のコミュニケーションを生み出しています。
主要な居室間は引戸による間仕切とし、すべてを開け放てば平面的に、また1階と2階が一体となる開放感が味わえます。
1階外部はパターの練習場としてグリーンを、屋上は運動公園に開いたルーフバルコニーです。
外部仕上は焼杉と難汚染性塗材の白塗装、内部は合板を中心に仕上げました。
床は1階は外部仕様のタイル、2階も猫の生活場所になるため滑りにくいタイルとしています。

その他の画像: 

奥まった敷地。
外部仕上は焼杉と白塗装。

1階廊下
右に曲がるとゴルフラウンジが広がる。

ゴルフラウンジ
中央にキッチンカウンター、奥にトレーニングコーナー、ボルダリングの壁が見える。

ゴルフラウンジ見返し
左に吹抜を利用したボルダリングの壁

ゴルフ練習場
引戸を開放すると内部のラウンジと一体となる。

2階テラス
階段を上がると屋上テラスが広がる。

テラスに面した洗面・浴室

2階LDK
天井高は3.3m、壁天井の仕上は土壁の左官仕上。床はタイル。

キッチン
生活の中心であり、明るい空間とした。

LDK見返し
吹抜を通して1階の様子が窺える。

設計者

ユーザー 石川恭温アトリエ 一級建築士事務所 石川恭温 Yasuharu Ishikawa の写真
オフライン
Last seen: 2ヶ月 3週 前
登録日: 2012-07-24 10:28