長久手の平屋

●設計事例の所在地: 
愛知県長久手市
●面積(坪): 
35
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

敷地調査に訪れた時、擁壁(土留め)が道路跨いで造られていました。
「これは、建てるまでが大変かも・・・」という予想は的中し、擁壁の所有(官民)の協議から始まり、解体の手続き、道路から駐車スペースを確保した場所に約2mの高低差を止める新たな擁壁を造る等々・・・

建て始めるまでにかなりの時間を要しました。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

道路から2m高い位置に建物があるお陰で、道路の喧騒から距離を保ちつつ、道路を挟んだ向こうの池や緑の自然を感じることができるロケーションとなりました。

その他の画像: 

【東面全景】前面の通りからは約2m高いレベルに建っています。

【南東全景】2枚の片流れ屋根がずれたような建物構成となっています。

【玄関詳細】ポストくちは土間収納の棚板に郵便物が落ちるようになっています。ポストくちの下は傘掛けです。

【キッチンからLDを見る】連続する構造梁が空間に奥行き感を与えてくれます。

【キッチン】既製のシステムキッチンと建築工事の壁を組み合わせて設置しています。

【キッチン】手前の囲われた場所は冷蔵庫置場です。手前の壁にはマグネットシートが仕込んであり、掲示物を貼る場所となります。

【タタミスペース】池と緑を借景とする空間です。

【タタミスペース入り口】リビングのAVボードを階段の一部としています。

【玄関収納】半分をフローリング、半分を土間とし、上履き下履き双方で利用できるようにしています。

【サニタリー】天窓により明るさを確保しています。

設計者

ユーザー 岩田建築アトリエ 岩田 和哉 の写真
オフライン
Last seen: 6ヶ月 5日 前
登録日: 2012-07-24 10:30