傾斜地の家

●設計事例の所在地: 
神奈川県麻生区
●面積(坪): 
45坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

急傾斜地崩壊区域に建てられているRC3階建てです。内部はコートハウスになっています。3階部分は居間になっており、傾斜地の眺望を得ています。2階部分は半地下になっていますので、安定し地震に強い建物になっています。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

眺望が欲しいが、プライバシーも欲しいとのこと。このため、内部は中庭を設けました。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

シンプルな空間で構造に安心出来る。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

傾斜面が西側でしたので、西日を避けるために、大きめの屋根と庇で、眺望を得ました。

その他の画像: 

中庭部分です。どの部屋からも中庭が見え、プライバシーが守られています。

3階の居間です。傾斜地なので、開放感にあふれています。

設計者

ユーザー 桑原建築設計室 桑原 廣 の写真
オフライン
Last seen: 1週 1日 前
登録日: 2012-07-24 10:11