スキップフロアの集合住宅(ヤマザキアパートメント)http://www.geocities.jp/ohkokk/yamazaki.html

●設計事例の所在地: 
東京都墨田区
●面積(坪): 
66
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

幹線道路から70m程入った場所に、ヤマザキアパートメントは位置する。
敷地及び周辺地域は昔からの工場も残る準工業地域で、東京下町の要素を持つ場所である。
その場所に、地上3階建のクライアント住居も含む集合住宅を設計した。
1階にクライアントの住宅、2・3階に大小の賃貸ワンルームを7戸用意した。
撮影:小林達実

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

老朽化した家を…将来のことを考えて賃貸併用を考えたい。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

親身に相談に乗ってくれた。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

廻りには高いビルも多く存在し、日照も決して良い条件ではないが、
全ての住戸には、中央に配したコートから光・風・水の自然要素を取り込む計画とした。
建物は、吹き抜けを持つコートを挟んで2つのコンクリートの箱が建つ形状を持ち、外階段がつなぐ構造となっている。
宙に浮いたような階段にし、コンクリートの強さと見た目の不安定さをイメージした。
2つの箱は半層ずれたスキップ形状でつながる。
34坪の小さな敷地に豊かな空間構成を目指し、外観は単純な箱であるのに対し内部は豊かな空間を持つようにした。
今の集合住宅はあまりにもプライバシーが守られ、昔あった住人間の交流がなくなり寂しく思う。
交流を願って建物の中心に、階段・コートを配した。
この吹き抜け空間が、少しでも人々に交流をもたらしてくれれば嬉しく思う。

依頼者の声: 

予算も含めて、色々なパターンを検討して頂きありがとうございました!
これからもお付き合いの程、どうぞよろしくお願い致します。

その他の画像: 

設計者

ユーザー 大島功市建築研究所 一級建築士事務所 大島功市 の写真
オフライン
Last seen: 9時間 19分 前
登録日: 2012-07-24 10:23