西宮 苦楽園の家

●設計事例の所在地: 
西宮市苦楽園
●面積(坪): 
195㎡(59坪)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

3層吹抜けのOPENな階段廻りに眺望に優れたリビング等の居室が並んでいる。
開口部はできるだけ大きくし開放的な空間としている。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

急傾斜地な土地に対する対応。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

敷地に対するコンパクトな計画。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

急傾斜地に対して安全な構造的配慮と道路からは平家的に見える景観上の配慮及び道路に対する日照的な配慮を行なっている。
阪神淡路大震災前年の完成であるが、震災にも被害がなく安全性が証明された。

その他の画像: 

ダイニングルームと階段室の見上げ
RC階段であるが、OPENで軽快な形状デザインである。

ルーフテラスからの眺望は秀逸である。
階段廻りはギャラリー的な雰囲気を醸し出している。

設計者

ユーザー 窪寺弘行・建築計画事務所 窪寺弘行 の写真
オフライン
Last seen: 1ヶ月 3日 前
登録日: 2012-07-24 10:21